それでも愛してる…ペットヒーリングアートの世界

飼い主さんは知らない、気づかない…

ペットたちは誤解を解きたい、気づいてほしい…

そのギャップをペットヒーリングアートで橋渡ししたい、と思っていました。

ペットヒーリングアートとは、ペットの気持ち(愛)を描く世界で1枚のオーダーアートです(※ペットの似顔絵や肖像画とは少し違う特長があります)。

「安心した・ホッとした」「(ペットヒーリングアートを飾ったら)ペットとの距離がグッと近くなった」「うちの子が帰ってきたと思った」「(ペットヒーリングアートに描かれたペットから話しかけられるような不思議な感覚」

など、お客様から驚きと喜びの声をいただいています。

↑【初めての方へ】ペットヒーリングアートとは

始まりは、ペットたちの「誤解を解きたい」という想い

ペットヒーリングアート・第1号は「半蔵」という名前のコーギー犬です。

鹿児島の友人が飼っていた愛犬で、神奈川に住む私とは面識はありませんでした。

医療事故で突然この世を去った半蔵くん

ところが、2014年 医療事故で半蔵くんは突然この世を去ったのです。享年8才でした。

悲しむ友人にかける言葉も見つからないほどでした…。

しばらく経ってから、友人から制作のご依頼をいただきました

「ゆうちゃん、半蔵の絵を描いてくれないか」

ご依頼を受けたものの、友人と半蔵くんの絆が深いことはよく存じ上げていました。何を描けばいいのか、悩みました…。

亡き父の不思議な体験(※後日ブログに記載いたします)から学んだ私。

魂は在る。

人が在ったんだから、ペットも在るはず。

こころの穴を埋められるのは本人しかいない、と思っていました。

瞑想すると、虹の橋の半蔵くんから届いたのは、飼い主さんに向けられた気持ち(愛)そのものでした。

だいすき!!!

肉体を失っても、それでも愛してる…と。

大きな愛のひかりのシャワーを受けとって、私は涙が止まらなくなりました。

そして思ったのです。

ペットたちの愛を、このまま飼い主さんに届けたい。きっと喜ばれるはず!

こうしてペットの気持ち(愛)を描く【 愛と絆のお守りアート ペットヒーリングアート 】が誕生しました。

名前に込めた想い

【 愛と絆のお守りアート(sparkle)ペットヒーリングアート 】という名前には…

【愛と絆】は、飼い主さんとペットのご縁を。

【お守りアート】は、ペットヒーリングアートそのものが放つ光と、ペットの気持ち(愛)が、飼い主さんをサポートするお守りに。

そんな意味が込められています。

ペットヒーリングアートの主役は「飼い主さんとペット」

飼い主さんとペットには、まるで映画のような、壮大で深い愛のストーリーがあります。

あなたがペットを想うように、ペットもあなたを想っている。誤解を解きたいと思っている子もいます。

仕事への想い

「人とペットのしあわせ」「永遠の愛」をテーマに、ペットを愛する人々の心に寄り添いながら、作品を提供いたします。

それは半蔵くんが教えてくれ、ひとりでも多くの方に、ペットヒーリングアートを通じてお伝えしたいこと。

橋渡しの役割である私が「こうあるべき!」という思い込みが強すぎると、本質からズレてしまうことがあります。

そのため、私は自分のこころを整えて描くことを心がけています。

オーダーメイドでかわいい家族の大切な場面、思い出のシーンを描きます。

記念日や誕生日など、世界で1枚のかけがえのない贈り物となることでしょう。

そして収益の一部はペット保護団体に寄付させていただいています。

お願い

ペットヒーリングアートは「三次元的(物理的)な復元」はできません。

ペットヒーリングアートは基本、絵です。

毛並みのモフモフや肉球のぷにぷにした感じ、匂いや温かさなどの復元はできませんので、あらかじめご了承ください。